次世代型バイナリーオプションの条件を考えてみるよ
ホーム > スキンケア > 敏感肌のスキンケアはここに気を付けて

敏感肌のスキンケアはここに気を付けて

乾燥肌や脂性肌、混合肌など、肌トラブルの起きやすい肌質に悩む方は多いと思います。

その中でもケアが難しく、なかなか改善しないのが、敏感肌です。

 

生まれつき敏感肌という方もいれば、大人になり肌質が代わり敏感肌になったり、ストレスや環境の変化によるものや、特定の季節だけ敏感肌になってしまうというパターンもあります。

 

繊細な敏感肌のケアは、とにかく難しいです。

それまで肌に合っていたはずの化粧品が突然しみるようになったり、いつもの洗顔料で肌に吹出物が出来てしまったり・・。

 

なので、まずは肌に合う洗顔料と化粧水選びが大切です。低刺激で、石油性の成分が入っていないことを重視しましょう。洗う成分がすべて植物性のものがおすすめです。

 

敏感肌は、少しでも合わない化粧品を使うと、カサカサと赤く腫れます。熱を持ってかゆみや痛み、ピリピリとひきつれた感じがあるときは、洗顔料の泡立てやすすぎに冷水を使いましょう。ほてりをクールダウンすることが大切です。

 

洗顔中にすこしでも顔がしみたら、すぐに洗い流しましょう。無添加、オーガニックの洗顔料でも痛む場合は、皮膚科で乾燥用の軟膏をもらうことがおすすめです。化粧品も、肌が敏感になっているときは冷蔵庫で冷やして使うと炎症を抑えられます。私は敏感肌のせいで頬のあたりに赤みが出てしまう赤ら顔なので、専用の化粧水を使っています。⇒赤ら顔の治し方!顔の赤みでお悩みの方は必見

敏感肌は、肌に合う化粧品選びと、炎症が起きないように優しく洗うこと、そして熱を帯びないようにクールダウンしながらケアすることで改善されていきます。

諦めずにケアしてくださいね。